フリーターなどアルバイトの場合

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

アルバイトがカードローンを利用する場合に求められるものは、やはり安定した収入が確保できるかどうかということになります。基本的にカードローンの利用に関しては収入の多い少ないよりも収入が安定しており返済に問題が生じないかどうかということのほうが需要視されますので、アルバイトでも継続的に安定した収入さえ確保できていれば問題なくカードローンの利用が可能となります

その場合、消費者金融のカードローンに関しては貸金業法による総量規制と呼ばれる規制が利用に大きく関係してきます。総量規制では年収の三分の一以上の借入を禁止していますので、アルバイトで得ている年収がどれくらいになるかで借りることが出来る金額も異なることになります。その為サラリーマンなどと比べた場合には借りることが出来る金額が大幅に少なくなりますので、アルバイトの場合は利用は出来るが基本的にはそれほど多額の利用は出来ないと考える必要があります。

もちろん収入が多ければそれだけ借りることが出来る金額は多くなりますので、アルバイトを掛け持ちしていて年収が多い場合には利用金額も増えることになるでしょう。銀行のカードローンの場合も同様ですが、総量規制が無いため年収の三分の一という規制はありません。しかし年収の金額により銀行の判断で金額の上限が決まるので、消費者金融とさほど借りることが出来る金額に差はないと言えます。

参考HP|キャッシング利用 – ノーローン